いぼの治療を申し込み【最も費用を安く抑えることができる】

女性

小さな腫瘍にも注意をする

女性

いぼ治療のためにレーザー治療を行う事によって、ただ腫瘍を除去できるだけでなく皮膚の色合いまで綺麗にする事ができます。腫瘍が増えているのはウイルスが原因になっている場合もあるので、ウイルスの検査を行う事も重要です。

More...

クリニックで取るには

カウンセリング

古い角質がたまってできる脂漏性角化症やウイルスの感染によってできるウイルス性いぼなど、いぼができる原因や種類は様々です。クリニックに行けばレーザー照射や液体窒素の塗布など、いぼの種類にあった治療で綺麗に取れます。

More...

誰でもできる皮膚疾患

鏡を見る人

ウイルスや老化が原因

いぼにはヒトパピローマウイルス(HPV)やポックルウイルスなどによってできるウイルス性のものと、老人性いぼのような皮膚の老化などによってできる非ウイルス性のものとに大きく2つに分けることができます。どちらのタイプでも大きく治療法は変わりませんが、ウイルス性の場合はどんどん増えてしまう可能性があるので早めの治療が必要です。ただ、人によって免疫力によって自然に治ってしまう場合もあります。治療には主に薬を用いる方法と液体窒素やレーザー療法、電気焼灼法などの皮膚科に行かなければできない治療法があります。市販薬でもウイルス性、非ウイルス性両方の塗り薬や飲み薬が販売されているので、皮膚科に通うことができない場合は、まず市販薬から試してみると良いでしょう。さらに民間療法の類になってしまいますが、オリーブオイルやうがい薬、木酢液が効くという人もいるようです。治療方法によって費用も変わってきます。最も費用を安く抑えることができるのは市販薬を使う方法ですが、1,000円前後で良い市販薬を購入することができるでしょう。皮膚科に通院する場合は1回で完治させることはできないので、通常何回か通院することになります。そのため5,000円〜10,000円程度は見ておく必要があるでしょう。ウイルス性のいぼは、手や足、顔など様々な箇所にでき、どんどん感染して増えていったり、人にも移してしまったりします。特に子供にできやすく、ヒトパピローマウイルス(HPV)によって発症する尋常性疣贅や、ポックスウイルスによって発症する水いぼなどがよく知られています。ウイルス性なので触ったりすると、そこから他の場所に感染してしまう原因になるので注意が必要です。難治性のものが多く、治療期間も長くなる傾向があります。病院では一般的には液体窒素を使って行う凍結治療という方法が用いられます。また電気メスや炭酸ガスレーザーでいぼ本体を焼き切る方法もあります。治療効果はどちらも同程度でしょう。病院は苦手という方は、サリチル酸という成分が含有された市販薬がおすすめです。ただウイルスを死滅させる効果は弱いので、完治させるのは難しいでしょう。老人性いぼのような、遺伝や皮膚の老化によって古い角質が蓄積してできるタイプのものは、ウイルス感染ではないので移ることはありません。また芯がないので柔らかいという特徴があり、ウイル性いぼと見分けるときの目安になります。治療法はウイルス性の場合とほぼ同じで、病院では冷凍凝固治療やレーザーによる切除が行われ、市販薬でも有効です。ウイルス性の比べると完治させやすいでしょう。

確実を望むなら美容外科

医者

美容外科のいぼ治療では、炭酸ガスレーザーや電気凝固法による処置が行われており、痛みを感じることなく患部だけをきれいに除去することができます。デリケートな顔の処置でも安心して受けられるので、都合に合わせて受診してみましょう。

More...

できものの療法と対処法

鏡を見る人

いぼの治療には内服薬や外用薬、それに液体窒素やレーザーなどいろいろな方法があります。費用や治療期間はそれぞれ違うので、評判共々よく確認して利用しましょう。クリニックを利用すると適切な治療が受けられるので、そんな意味でもおすすめです。

More...