いぼの治療を申し込み【最も費用を安く抑えることができる】

女性

クリニックで取るには

カウンセリング

できる原因や取る方法

ウイルスやターンオーバーの乱れなどが原因で皮膚の表面が小さく盛り上がるといぼになります。いぼを取る手段には二つがあり、市販の治療薬を買って自分で治す方法と、然るべきクリニックに行って治す方法です。美容皮膚科などの美容系のクリニックに行けば、皮膚科の先生に診てもらえます。良性のいぼで多いのが、加齢によって発生する老人性いぼ「脂漏性角化症」です。老化でターンオーバーが乱れ、古い角質が積み重なることで盛り上がり角化してできます。クリニックで脂漏性角化症を取る方法にはいくつかの種類があります。美容皮膚科でよく使用されているのがレーザーによる治療法です。シミやあざなどの色素沈着を消したり肌にハリを出したり、無駄毛を脱毛したりする治療も、ほとんどレーザー一つでできます。脂漏性角化症もレーザーを照射するだけでなくなります。治療時間は5分で終わり、麻酔をするので痛みも少ないです。盛り上がっている部分に液体窒素を塗って、細胞を凍死させて取る治療もあります。塗ったときには多少ヒリヒリしますが、出血や腫れなどはないです。塗ってから1週間経過するとかさぶたになって、やがて角質と一緒に排出されます。大きめの脂漏性角化症を取るのに効果的です。いぼと一口に言っても原因は様々です。加齢が原因でできる脂漏性角化症の他に、ウイルスが原因でできるいぼもあります。ウイルス性の場合最初にできる親玉がいて、そこから小さい突起が沢山できるのが特徴です。一度治療をして取っても再発する場合、肝心の親玉が残っている可能性があります。元である親玉を治療して撃退することが大切です。ウイルス性いぼは免疫力が低下した部分にできやすい傾向があります。ハトムギ由来の有効成分ヨクイニンの内服により免疫力を高める治療法も有効です。マッサージなどの摩擦に弱いので、むやみにこすったりしないことです。また、不潔にしているとウイルスが感染しやすいので、体を常に清潔に保っておくことも大切です。ドラッグストアに行けば、市販のいぼ取り薬も沢山あります。市販の薬は手軽に使えるのが魅力ですが、効果が出ないこともあります。それどころか大きくなったり色素沈着になったりするリスクがあるので注意が必要です。一見普通のいぼのように見えても、悪性の皮膚がんの場合もあります。自分で良性か悪性か判断するのは難しいので、気になるようならクリニックで診てもらうのがおすすめです。もしも皮膚がんならば病気なので保険適用で治療することができます。